給湯器の取り付け前、心配なガス漏れについて知っておこう

最近ではセルフリフォームなど「自分で何かをすること」がブームになっています。なぜなら、自分で行ったほうが安く済んだり達成感が得られるからです。だからといって給湯器の交換工事を自分で行うのは感心できません。ガス漏れなどのリスクもありますし、ガス漏れした時には近隣の住宅へも影響するからです。自分でできる部品交換など軽微な修理を行う場合であっても、給湯器を取り扱うのであれば細心の注意を払い、自己責任で行います。本当に軽微なケースを除いては、取扱業者にお任せするようにしましょう。

給湯器は電気の力で動きますので、取り付け前に電気工事の資格が必要になります。第二種電気工事士の資格が必要です。さらに、ガス給湯器の取り付けを行うのでしたら、国家資格であるガス整備士が合わせて必要です。そのためそういった資格を持つ工事業者が行うので工事の費用も大きくなりますし取り付け前にそういった資格を取っている業者かどうかを確認しておく必要があります。

給湯器の工事については、配管の交換が必要になってくる大規模な工事になることもあります。

いずれにせよ、給湯器の取り付け工事には専門の知識が必要になってきますし、単純に交換できるというものでもありません。特に、自己流で行うとガス漏れのリスクもあります。ですので、工事は専門業者に頼み、工事後はガス漏れせずに作用するか調べましょう。

カテゴリー:知っておきたいポイント