給湯器の交換を安くするため取り付け前に知っておくこと

給湯器は毎日お湯を供給しますので劣化もしやすく、交換までの寿命は8年から10年といわれています。それ以外にも故障をすることも少なくありませんので、取り付け前に給湯器について知っておくとよいことがあります。

まず、給湯器交換にかかる時間はどのような工事をするかによって違ってきます。部品の交換などすぐにできる工事ですと半日程度、取り寄せになると数日、別のメーカーの給湯器をつけるとなると、1日半程度かかります。ですが、配管も劣化しているなど大規模な工事になりますと数日かかることになります。取り付け前には下見をして見積もりを出す業者がほとんどですので、すぐに工事できるわけではないことも認識しておきましょう。給湯器業者を選ぶなら、工事保証などサポートの充実しているところを選ぶのも一つの方法です。

一方で、故障と決めつける前に、自分で解決できるエラーである場合もあります。たとえば、簡単なリセットや確認で再びお湯が出るようになります。さらに、故障する前には給湯器から音がするようになったり湯の量が少なくなったりすることがあります。そのような前兆があったら万が一の故障を懸念して事前に調べておくことも重要です。

カテゴリー:知っておきたいポイント