給湯器の取り付け前の確認事項について

給湯器が壊れていたので交換したい・・・そのような時には修理交換工事が必要にあります。新しい給湯器の取り付け前に確認をしておかないといけない確認事項がいくつかあります。まずは、配管工事を必要とするかどうかです。接続部分の取り付けや部品の交換程度なら特別大掛かりな工事は必要ないのですが、場合によっては、配管工事が必要になります。たとえば、配管が劣化していたり、給湯器のタイプと配管のタイプが違っている場合は配管工事が必要になります。そのため、大掛かりな工事になることもありますので、そのための準備も必要になります。配管工事ができるだけでのスペースや、そのための費用が必要になってきます。工期も長くなります。ですので、工事を行う前にはどのような工事をどのくらいの期間で行うのかは取り付け工事を検討する前に最低限確認しておきましょう。

次に、給湯器の取り付け前や交換工事をする際は、メーカー保証やメンテナンス保障についても確認しておきます。なぜなら、物理的に一度壊れたりした個所はもう一度故障しやすくなりますし、メンテナンスコストがかかる給湯器よりも部品などがすぐに調達できる給湯器のほうが良いからです。ですので、取り付け前にある確認事項をしっかり押さえておきましょう。

カテゴリー:知っておきたいポイント