給湯器の取り付け前に抑えておきたい、交換にかかる時間

給湯器はお風呂や台所など家じゅうにお湯を供給しているため、故障などで使えなくなるととても困ってしまいます。しかしながら給湯器は毎日使用しますので

部品が劣化する速度も速いです。ある日突然お湯が出なかったり、エラーコードが出ることもあります。そのため、交換工事をしなければなりません。

給湯器の取り付け前には取り付け工事にどのくらいの時間がかかるかを必ず確認しておきましょう。なぜなら、給湯器の交換工事といっても、配管工事を伴う場合はかなり時間がかかることがあるからです。取り付け前に確認しておくことで、スムーズに終わるからです。

まず、簡単な部品の交換や同じタイプの給湯器を新品に付け替える工事は、半日程度で終わることがほとんどです。日中に行えばお湯を使えない時間が短くなります。

場合によっては、給湯器が取り寄せになることもあります。それですと時間が少なくとも1週間くらいはかかります。その間お湯が使えないと不便ですので、在庫のある別の給湯器を取り付けるとすると交換工事には1日から1日半くらいかかります。なぜなら、メーカーの違うものを付け替えるため追加工事が必要になるからです。給湯器の電源をガスから電気に変えるなどといった工事は、数日かかります。

カテゴリー:知っておきたいポイント